ファスティングで効果的にダイエット|酵素の力で栄養不足を回避

男女

用法の順守が大切

体重計とメジャー

副次効果もある

ファスティングは断食を指しますが、実践方法が人それぞれです。例えば3日間の間、水と3時間に1度程度の頻度で飲用する酵素ドリンク以外の一切の飲食を行わない方法もあります。一方で、1週間の間毎日8時間以内の間のみ飲食を行い、それ以外の16時間は連続して水と酵素ドリンク以外の飲食を行わないという断食スタイルもあるのです。ファスティングが女性を中心に人気を集めているのは、ダイエット効果に加えてデトックス効果も得られるためです。肌ツヤが良くなった、便秘の解消などといった副次効果が女性のハートを掴んでいます。しかし断食は、体にかかる負担も大きいダイエット方法ですので、実施直後には体がだるくなったり吐き気や発熱が生じたりする反応も見られます。こうした反応は好転反応と言われ、デトックス効果が生じている証です。基本的にはファスティングが順調に行われている証と捉え、辛くても好転反応が治まるまで耐えることでファスティングの効果が現れるという類のものです。しかし、症状が重過ぎる場合にはファスティングを取りやめるという判断も必要です。

前後の期間が重要

ファスティングを行う際には、何よりも用法を順守して、体にかかる負担を軽減させることが大切です。例えば、3日間ファスティングダイエット方法を実践する場合には、本番期間の3日間の直前と直後のそれぞれ5日間程度の期間を慣らし期間とします。これによって、体にかかる負担を軽減できると共にファスティングの効果を高められます。準備期間は水と酵素ドリンク以外の飲食を行わない本番期間に向けて、胃腸を空腹状態に慣らすことを目的としています。実践前の期間は、徐々にカロリーの少ない食事を行うようにしていくための期間です。そして、ファスティング後の期間は、通常の食事に向けて胃腸を慣らすための期間となっています。最初の食事は重湯のみ、次は消化の良い豆腐などを摂取するというように、段階を踏んで通常の食事に戻すための期間となるのです。

  

Copyright© 2016 ファスティングで効果的にダイエット|酵素の力で栄養不足を回避 All Rights Reserved.